コンテンツにスキップ

API 警告の設定

この機能を使用するには、EAP に参加する必要があります。

ConnectWise 統合を設定済みの場合は、Sophos Central 警告に基づくサービスチケットを ConnectWise で作成できます。

チケットを作成する警告の制御ルールを設定する必要があります。警告ルールは 1つだけ作成可能で、サービスチケットの同期をオンにした顧客すべてに適用されます。チケット数を管理するために、ルールのフィルタをできるだけ具体的に設定することを推奨します。ConnectWise では、選択された警告の種類ごとにチケットが作成されます。

ルールのフィルタは、警告の重要度、製品、およびカテゴリに基づいて作成できます。チケットは、選択されたフィルタの組み合わせに基づいて作成されます。たとえば、保護の問題に関する重要度が「高」または「中」の警告に対してチケットを作成するルールを作成したり、すべての製品に関する重要度が「高」の警告に対してチケットを作成するルールを作成したりできます。

顧客に対してサービスチケットの同期をオンにすると、選択された ConnectWise のサービスボードにチケットが作成されます。その後、通常どおり ConnectWise でチケットを管理して作業できます。

ルールは、チケットの同期を設定してオンにする前に設定する必要があります。

API 警告ルールの作成

警告ルールを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > API 警告の設定」をクリックします。

    API 警告の設定

  2. API 警告ルールの設定」で、「PSA 統合」をクリックします。

    PSA 統合

  3. + ルールの作成」をクリックします。

    API 警告ルールの作成

  4. チケットを作成する警告の種類をフィルタリングします。これには、警告の種類の行の右端にある青い矢印をクリックして、フィルタを設定します。

  5. ルールには、名前を付ける必要があります。これには、青い矢印をクリックして名前を入力します。説明も入力できます。

  6. 保存」をクリックします。

ルールは、「API 警告の設定」に表示されます。

次に、サービスチケットの同期をオンにできます。詳細は、サービスチケットの同期を参照してください。

API 警告ルールの管理

ルールは編集または削除できます。

ルールの編集

変更内容は、サービスチケットの同期をオンにしたすべての顧客に適用されます。

重要度、製品、またはカテゴリのフィルタオプションをすべて選択しない場合、「API 警告ルールの編集」で、フィルタの横に青いチェックマークが表示されません。

API 警告ルールの編集

ルールを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > API 警告の設定」をクリックします。

  2. ルールを選択して、編集アイコン グレーの鉛筆アイコン をクリックします。

  3. 以下から選択してください。

    • フィルタのオプションすべてをオンまたはオフにするには、「API 警告ルールの編集」でフィルタ名をクリックします。

    • フィルタのオプションを編集するには、青い矢印 青い矢印アイコン をクリックして変更を行います。

  4. 変更が完了したら、「更新」をクリックします。

ルールの削除

ConnectWise でチケットを作成するには、API 警告ルールが必要です。ルールを削除する前に、サービスチケットの同期をオフにするように求められます。

ルールを削除するには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > API 警告の設定」をクリックします。

  2. ルールを選択し、削除アイコン グレーのごみ箱アイコン をクリックします。

  3. サービスチケットの無効化」で、「PSA を参照」をクリックします。

  4. PSA 統合」で、「サービスチケットの同期」をオフにします。

  5. サービスチケットの同期をオフにする」で、「確定」をクリックします。

トップへ