コンテンツにスキップ

サービスチケットの同期

この機能を使用するには、EAP に参加する必要があります。

ConnectWise では、Sophos Central 警告からサービスチケットを作成できます。既存の ConnectWise ボードでサービスチケットを作成したり、Sophos Central チケット専用のボードを作成したりできます。

チケットを作成する警告の制御ルールを設定する必要があります。詳細は、API 警告の設定を参照してください。

警告ルールは 1つだけ作成可能で、サービスチケットの同期をオンにした顧客すべてに適用されます。

ルールを設定したら、「サービスチケットの同期」をオンにして、対象とする顧客を選択できます。

チケットの同期の設定

同期を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > PSA 統合」をクリックします。
  2. 該当する ConnectWise 統合の「設定の管理」をクリックします。
  3. 詳細」で、「サービスチケットの同期」をオンにします。

    サービスチケットの同期

  4. 使用する ConnectWise のサービスボードを選択します。以下から選択してください。

    • 既存のサービスボードを選択します。これには、「ボードの選択」をクリックして、「サービスボード名」にボードの名前を入力します。

      既存の ConnectWise のサービスボード

    • 新しいサービスボードを作成します。これには、「ボードの作成」をクリックして、「サービスボード名」を入力します。次に、部署とチームリーダーを選択する必要があります。

      新しい ConnectWise のサービスボード

  5. 保存」をクリックします。

  6. 次へ」をクリックします。
  7. 確定」をクリックして同期を設定します。

    サービスチケットの同期をオンにする

次に、顧客用のチケット作成をオンにできます。

チケットの作成をオンにする方法

これによって、設定済みのルールを使用して、選択した顧客用のチケットが ConnectWise に作成されます。その後、通常どおり ConnectWise でチケットを管理して作業できます。

チケットの作成をオンにするには、次の手順を実行します。

  1. 設定とポリシー > PSA 統合」をクリックします。
  2. 該当する ConnectWise 統合の「設定の管理」をクリックします。
  3. チケットを作成する各顧客に対して、「ConnectWise 顧客名」と「使用許諾契約書」が入力済みであることを確認します。入力済みでない場合は、適切な名前と使用許諾契約書を選択します。
  4. 各顧客に対して、「チケットの有効化」をオンにします。

サービスチケットの同期の管理

サービスチケットの同期は、ConnectWise 統合の設定ページから管理できます。

設定とポリシー > PSA 統合」を参照し、ConnectWise 統合の「設定の管理」をクリックします。

チケットの詳細」で、過去 24時間のチケットデータの概要を表示できます。

各顧客に対して、正常に作成されたチケットの数と、作成されなかったチケットの数を確認できます。作成に失敗したチケットがある場合は、最後に発生したチケット作成の失敗の理由も表示されます。

顧客に対するチケット作成をオフにすることもできます。

使用している ConnectWise のサービスボードを変更するには、「サービスボードの編集」をクリックして変更を行います。

サービスチケットを作成する警告を変更するには、ルールを編集する必要があります。詳細は、API 警告の設定を参照してください。

トップへ