保護されたファイルのメール送信

ソフォスでは、メールの添付ファイルを簡単に暗号化することができる、Microsoft Outlook のアドインを提供しています。

注: アドインは、Central Device Encryption 2.0 以降のみで使用できます。
注: Sophos SafeGuard Enterprise がインストール済みのコンピュータで、Outlook アドインはメールの添付ファイルを暗号化するために使用されます。

ポリシーで設定されている場合、添付ファイル (複数可) 付きのメールを送信する際に、添付ファイルの送信方法を選択できます。

  • パスワード保護する

    組織外のユーザーに機密ファイルを送信する場合は、このオプションを選択します。

    パスワードを指定して「送信」を選択すると、ファイルが暗号化され、HTML ファイルとして保存されます。

    受信者は、パスワードの通知を受けるとファイルを Web ブラウザで開くことができます。パスワードは、推測されにくいものを選び、添付ファイルと同じメールで送信しないことを推奨します。たとえば、電話などで受信者にパスワードを伝えます。

    受信者は、次のいずれかのブラウザを使用して、パスワード保護された添付ファイルを開くことができます。

    • Mozilla Firefox
    • Google Chrome
    • Microsoft Edge
    • Internet Explorer 11

    モバイルブラウザなど、これ以外のブラウザを使用できる場合もありますが推奨はしません。

    受信者は、ファイルを編集後、同じパスワードまたは新しいパスワードを使用して返信できます。さらに、別のファイルをパスワード保護することもできます。操作は、ブラウザのウィザードの指示に従って実行します。

  • パスワード保護しない

    このオプションは、メールの添付ファイルに機密データが含まれていない場合のみに選択することを推奨します。添付ファイルを平文のまま送信する操作はすべて、セキュリティ担当者によってログに記録され、監視される場合があります。

操作を促すメッセージが表示されない場合は、手動で添付ファイルをパスワード保護できます。詳細は、パスワードを使用した添付ファイルの保護 を参照してください。