ポリシーの設定

Sophos for Virtual Environments は、Sophos Central ポリシーを使用して設定します。

ポリシータイプが「脅威対策」のポリシーのみを使用できますが、必要に応じて複数のポリシーを作成できます。

デフォルトで Sophos Central は、デフォルトの脅威対策ポリシーをすべての Security VM に適用します。そして、そのポリシーの設定内容は、ゲスト VM に対しても使用されます。

次の項目が実行されます。

  • 既知マルウェアの検出。
  • ソフォスのクラウドデータベースを参照して、ソフォスが把握している最新のマルウェアを検出。
  • 脅威の定義が特定されていない新規のマルウェアもプロアクティブに検出。
  • マルウェアの自動クリーンアップ。