脅威が検出された際に表示される警告

ゲスト VM のいずれかで脅威が検出されると、Security VM が次の操作を実行します。

  • 脅威をブロックする。
  • 検出された脅威の自動クリーンアップを実行する。
  • 対処が必要な場合は、Sophos Central に警告を送信する。
注: Security VM は、すべてのゲスト VM のフル検索中に検出された脅威に対しては、自動クリーンアップを実行しません。

Sophos Central に表示される内容

Sophos Central:

  • 脅威がブロックされたことが表示される。Security VM の詳細ページの「イベント」タブを参照してください。
  • 警告」ページに警告が表示される。脅威名、脅威のある VM の名前、およびクリーンアップが可能かどうかが表示されます。
  • 自動クリーンアップに成功すると警告が削除される。

自動クリーンアップに失敗した場合や使用できない場合は、手動によるクリーンアップを促す警告が「警告」ページに表示されます。

クリーンアップの詳細は、脅威のクリーンアップを参照してください。

ゲスト VM に表示される内容

ユーザーがファイルを開こうとしたときに Security VM が脅威を検出した場合、ゲスト VM からのファイルアクセスはブロックされます。アクセスするために使用したアプリケーションで対応している場合、ファイルにアクセスできなくなったというメッセージがユーザーに表示されます。