ファイアウォールのレポートについて

デフォルトでファイアウォールは、管理コンソールに、ステータスの変化、イベント、およびエラーをレポートします。

ファイアウォールのステータスの変更

ファイアウォールのステータスの変更の種類は次のとおりです。

  • 動作モードの変更
  • ソフトウェアバージョンの変更
  • すべてのトラフィックを許可する設定の変更
  • ファイアウォールのポリシーコンプライアンスの変更

対話型モードでファイアウォールを使用している場合、管理コンソールから適用されるポリシーと異なった設定内容がローカルマシンに適用されることがあります。この場合、特定のファイアウォール設定に変更を加えた際、管理コンソールに「ポリシーと異なる」という警告が送信されないように設定することができます。

詳細は、ローカルマシンで行った変更のレポートを有効/無効にするを参照してください。

ファイアウォールのイベント

コンピュータ上の不明なアプリケーションやコンピュータの OS が、ネットワークを介して他のコンピュータと通信しようとすることをイベントと言います。

イベントはファイアウォールから管理コンソールにレポートされないように設定できます。

詳細は、不明なネットワークのレポートを無効にするを参照してください。