アドウェアや不要と思われるアプリケーションの副作用から復旧する

アドウェアや不要と思われるアプリケーションを削除すると、クリーンアップできない副作用が発生する場合があります。

OS に変更が加えられた

アドウェアや不要と思われるアプリケーションの中には、インターネット接続の設定内容を変更するなど、Windows OS に変更を加えるものがあります。Sophos Anti-Virus では、必ずしもすべての設定内容が、アドウェアや不要と思われるアプリケーションがインストールされる前の状態に戻るという保証はありません。たとえば、アドウェアや不要と思われるアプリケーションのコンポーネントによってブラウザのホームページが変更された場合、Sophos Anti-Virus では、変更前のホームページの設定内容を把握することができません。

インストールされたユーティリティが残っている

アドウェアや不要と思われるアプリケーションの中には、dll ファイルや .ocx ファイルなどのユーティリティをコンピュータにインストールするものもあります。ユーティリティが無害で (言語ライブラリなど、アドウェアや不要と思われるアプリケーション一般に共通する特性がなく)、アドウェアや不要と思われるアプリケーションの主要部分でない場合、Sophos Anti-Virus は、アドウェアや不要と思われるアプリケーションの一部として検出しない場合があります。この場合、ユーティリティをインストールしたアドウェアや不要と思われるアプリケーションがコンピュータから削除された後も、ユーティリティはコンピュータに残ったままとなります。

アドウェアや不要と思われるアプリケーションが必要なプログラムの一部である

アドウェアや不要と思われるアプリケーションのコンポーネントは、正規にインストールしたプログラムの一部でプログラムの実行に不可欠な場合もあります。アドウェアや不要と思われるアプリケーションを削除すると、コンピュータでそのプログラムを実行できなくなる場合があります。

説明・対策

ソフォス Web サイトにある脅威解析情報を必ずお読みください。クリーンアップ情報を入手するにて、ソフォス Web サイトでアドウェアや不要と思われるアプリケーションの副作用に関する情報を参照する方法を参照してください。

システムおよびその設定内容を元の状態に戻すためには、システムのバックアップを定期的に行うようにしてください。また、使用するプログラムのオリジナルの実行ファイルをバックアップしておくことも重要です。

アドウェアや不要と思われるアプリケーションの副作用や、復旧方法に関する詳細は、ソフォス テクニカルサポートまでお問い合わせください。

テクニカルサポートへのお問い合わせに関する詳細は、テクニカルサポートを参照してください。