隔離マネージャについて

隔離マネージャを使って、検出時に自動的に削除されなかったアイテムに対処できます。アイテムは、次のいずれかの場合に隔離マネージャに表示されます。

  • アイテムを検出した種類の検索に対して、クリーンアップ、削除、移動などのクリーンアップオプションが指定されていない。
  • アイテムを検出した種類の検索に対して、クリーンアップオプションは指定されているが、オプションの実行に失敗した。
  • アイテムが何重にも感染しており、まだ他の脅威を含んでいる。
  • 脅威は部分的に検出されただけで、完全に検出するにはコンピュータのフル検索が必要である。操作方法は、コンピュータのフル検索を実行するを参照してください。
  • アイテムが疑わしい動作を示している。
  • アイテムが管理対象アプリケーションである。
注: オンアクセス検索時に検出されたアドウェア、不要と思われるアプリケーション、および複合感染は必ず隔離マネージャに表示されます。アドウェア、不要と思われるアプリケーション、複合感染の自動クリーンアップは、オンアクセス検索では行われません。

十分なアクセス権がないため、クリーンアップオプションの実行に失敗する場合もあります。より強力な権限がある場合は、隔離マネージャを使用してアイテムを処理できます。

Web コンテンツ検索では、コンピュータにダウンロードされていない脅威を検出するため、「隔離マネージャ」のリストには表示されません。この場合、脅威が検出された後に、対処する必要はありません。