Sophos Endpoint Security and Control について

Sophos Endpoint Security and Control は、統合セキュリティソフトウェア製品です。

Sophos Anti-Virus: ウイルス、トロイの木馬、ワーム、スパイウェアはもちろん、アドウェアや他の業務上不要と思われるアプリケーションを検出・クリーンアップできます。ソフォスのホスト侵入防止システム(HIPS) テクノロジーは、疑わしいファイルやルートキットからコンピュータを保護します。さらに、Malicious Traffic Detection (MTD - 悪質なトラフィックの検出) 機能は、コンピュータと、ボットネットやその他のマルウェア攻撃に関わっているコマンド アンド コントロール サーバー間の通信を検知します。

Sophos Behavior Monitoring: ソフォスのホスト侵入防止システム(HIPS) テクノロジーを使用して、Windows コンピュータを未知の「ゼロデイ脅威」および疑わしい動作から保護します。

Sophos Live Protection: 誤検知のリスクを抑え、高い精度で新種マルウェアを検出します。最新の情報が保存されるソフォスのマルウェアデータベースをリアルタイムに参照することで、新しい脅威にすばやく対応できます。新種マルウェアとして検出された場合、ソフォスから脅威定義ファイルのアップデート版を数秒内に受信できます。

Sophos Web Protection: Web サイトの脅威に対する保護機能が強化されており、マルウェア感染サイトへのアクセスをブロックできます。ソフォスのオンラインデータベースをリアルタイムで参照して悪意のある Web サイトを検索し、エンドポイントの悪質なサイトへのアクセスをブロックします。また、ダウンロードしたデータやファイルのレピュテーションもスキャンします。

Sophos Application Control: VoIP (Voice over IP)、IM (インスタントメッセージ)、ファイル交換アプリケーション、ゲームなどの未承認アプリケーションの使用をブロックします。

Sophos Device Control: 未承認の外部ストレージデバイスや、無線接続機器をブロックします。

Sophos Data Control: 管理対象コンピュータを監視し、事故による個人情報の流出を防止します。

Sophos Web Control: 社内ネットワーク外のコンピュータや、移動先で使用するコンピュータに保護、制御、およびレポート機能を提供できます。

Sophos Client Firewall: ワーム、トロイの木馬、スパイウェアを通じた機密情報の漏洩や、ハッカーの侵入を防止します。

Sophos AutoUpdate: フェールセーフなアップデート機能で、ダウンロード率を調整できるため、低速なネットワークでもより軽快にアップデートできます。

Sophos Tamper Protection: 承認されていないユーザー (専門知識のないユーザーなど) や既知のマルウェアが、Sophos Endpoint Security and Control の GUI を通じて、ソフォスのセキュリティソフトをアンインストールしたり、無効にしたりするのを防ぎます。