隔離エリアにあるアドウェアや不要と思われるアプリケーションに対処する

  1. ホーム」ページの「ウイルス対策および HIPS」で、「隔離アイテムの管理」をクリックします。
  2. 詳細は、隔離エリアにあるウイルス/スパイウェアに対処するを参照してください。
  3. 表示」リストで、「アドウェアや不要と思われるアプリケーション」をクリックします。

それぞれのアイテムの詳細は各欄に表示されます。

名前」には、Sophos Anti-Virus で検出された ID 名が表示されます。アドウェアや不要と思われるアプリケーションの詳細情報を表示するには、対象の ID 名をクリックしてください。Sophos Anti-Virus からソフォス Web サイトに転送され、検出されたアドウェアや不要と思われるアプリケーションの解析情報が表示されます。

詳細」には、アドウェアや不要と思われるアプリケーションのサブタイプが表示されます。ルートキットに関連するアイテムの場合は、「隠されているアイテム」と表示されます。サブタイプの横に「[詳細]」リンクが表示されている場合、そのアイテムがアドウェアや不要と思われるアプリケーションの複合コンポーネントの 1つであることを意味します。リンクをクリックし、アドウェアや不要と思われるアプリケーションの他のコンポーネントの一覧を参照してください。ルートキットに関連するアイテムがある場合は、隠されたコンポーネントがあることがダイアログボックスで表示されます。

実行可能なアクション」には、各アイテムに対して実施可能な対処方法が表示されます。次の 2種類のアクションがあります。1つは承認で、もう 1つはクリーンアップです (以下参照)。各アクションをクリックすると、確認メッセージが表示された後、アイテムに対してアクションが実行されます。

アドウェアや不要と思われるアプリケーションの対処方法

アドウェアや不要と思われるアプリケーションに対処するには、次のボタンを使います。

すべて選択/すべてクリア

これらのボタンをクリックして、すべてのアイテムを選択、または選択解除します。これによって、複数のアイテムに同じアクションを実行できます。特定のアイテムを選択または選択解除するには、アイテムの種類の左側にあるチェックボックスを選択/選択解除します。

リストから消去

安全なことが確実にわかっている場合、選択したアイテムをリストから消去します。消去したアイテムがディスクから削除されることはありません。

アクションの実行

選択した各アイテムに対して実行可能なアクションを表示します。

  • 安全なことが確実にわかっている場合、選択したアイテムをコンピュータ上で承認するには、「承認」をクリックします。これにより、アイテムが承認済みアドウェア/不要と思われるアプリケーションのリストに追加され、Sophos Anti-Virus でブロックされなくなります。
  • 選択したアイテムのすべての既知コンポーネントを全ユーザーのコンピュータから削除するには、「クリーンアップ」をクリックします。コンピュータからアドウェアや不要と思われるアプリケーションを削除するには、Windows Administrators および SophosAdministrator 両方のグループに所属するユーザーである必要があります。
注: 複数のコンポーネントから構成されるアドウェアや不要と思われるアプリケーションをコンピュータからすべてクリーンアップしたり、または隠されたファイルをクリーンアップするには、コンピュータを再起動する必要があります。この場合、直ちにコンピュータを再起動、または後で再起動するか選択することができます。コンピュータの再起動を行わないとクリーンアップは終了しません。

実行可能なアクションを設定するには、隔離マネージャのユーザー権限を設定するを参照してください。

既知・承認済みアドウェア/不要と思われるアプリケーションの一覧を表示するには、「承認の環境設定」をクリックしてください。