Sophos Live Protection のログを表示する

Sophos Live Protection を実行するためにソフォスへ送信されたファイルデータや、スキャン終了後のファイルのステータス情報は、ローカルコンピュータの検索ログに記録されます。

Sophos Live Protection が有効になっている場合、次の内容がログに表示されます。

  • ソフォスにデータが送信された各ファイルのパス。
  • データの送信日時。
  • データ送信に失敗した場合はその理由 (判明している場合)。
  • ファイルの現在のステータス (悪意のあるファイルとして検出された場合は、「ウイルス/スパイウェア」など)。
検索ログを表示する方法は次のとおりです。
  • ホーム」ページの「ウイルス対策および HIPS」で、「ウイルス対策および HIPS ログの表示」をクリックします。「ホーム」ページの詳細は、ホームページについてを参照してください。

ログのページから、ログの内容をクリップボードにコピーしたり、メール送信したり、印刷することができます。

ログファイル内の特定のテキストを検索する場合は、「検索」をクリックして、検索するテキストを入力します。