チェックサム - 対話型ダイアログ

ファイアウォールは、新規または変更されたアプリケーションを検出すると、チェックサム用の対話型ダイアログを表示します。

チェックサムの読み込みダイアログボックスは、チェックサムを使用してアプリケーションを認証する場合のみに表示されます。詳細は、チェックサムの使用を有効/無効にするを参照してください。

検出されたアプリケーションによるネットワークアクセスを許可する場合は、認識されているチェックサム (固有の識別子) のリストに当該アプリケーションのチェックサムを追加する必要があります。

次のいずれかのオプションを選択してください。

  • このアプリケーション用の既存のチェックサムにチェックサムを追加する」は、複数のバージョンのアプリケーションを許可します。
  • このアプリケーション用の既存のチェックサムを置き換える」は、既存のチェックサムすべてを、検出されたアプリケーションのチェックサムで上書きします。したがって、現在使用しているバージョンのアプリケーションのみが許可されるようになります。
  • 再起動されるまでこのアプリケーションをブロックする」は、今回のシステム起動中はアプリケーションをブロックします。