Sophos Web Protection について

Sophos Web Protection は、Web サイトの脅威に対する保護機能を強化します。含まれる機能は次のとおりです。

ライブ URL フィルタリング

ライブ URL フィルタリングは、マルウェア感染サイトへのアクセスをブロックします。ソフォスのオンラインデータベースをリアルタイムで照会し、感染サイトかどうかを判定します。

悪意のある Web サイトへのアクセスがブロックされると、検索ログにイベントが記録されます。検索ログの表示に関する詳細は、検索ログを表示するを参照してください。

コンテンツスキャン

コンテンツスキャンは、インターネット (またはイントラネット) からダウンロードしたデータやファイルを検索し、悪意のあるコンテンツをプロアクティブに検出します。感染サイトデータベースに登録されていないものも含め、コンテンツがホストされている場所に関わらずスキャンを実行できます。

ダウンロードのレピュテーション

ダウンロードのレピュテーションは、ファイルの古さ、提供元、発生する頻度、詳細なコンテンツ解析、およびその他の特徴を基に算出されます。

注: ダウンロードのレピュテーションは、Windows 7 以降のみに対応しています。

レピュテーションの低いまたは不明なファイルがダウンロードされると、デフォルトで警告が表示されます。そのようなファイルはダウンロードしないことを推奨します。ファイルの提供元や発行元を信頼する場合は、ファイルのダウンロードを選択してください。選択したアクションとファイルの URL は、検索ログに記録されます。

注: ダウンロードのレピュテーションは、SophosLabs のクラウドデータベースにあるデータに基づいて算出されます。データベースを照会してデータを取得するには、Sophos Live Protection が有効になっている必要があります。(デフォルトで、Sophos Live Protection は有効になっています。)

ダウンロードのレピュテーションについて詳細は、サポートデータベースの文章 121319 を参照してください。

Web Protection の設定

デフォルトで、Web Protection は有効になっています。つまり、悪意のある Web サイトへのアクセスはブロックされ、ダウンロードされたコンテンツはスキャンされ、ダウンロードされたファイルのレピュテーションはチェックされます。

Web Protection の設定とその変更方法の詳細は、Sophos Web Protection を設定するを参照してください。

対応している Web ブラウザ

Web Protection は次の Web ブラウザに対応しています。

対応していないブラウザ経由でアクセスした Web コンテンツはフィルタされず、ブロックされません。