Sophos Live Protection について

Sophos Live Protection は、不正な疑いのあるファイルが脅威であるかどうかを判断する、クラウド型の検出機能です。脅威を検知すると、Sophos Anti-Virus のクリーンアップ機能に設定されているアクションが直ちに実行されます。

また、誤検知のリスクを抑え、高い精度で新種マルウェアを検出します。最新の情報が保存されるソフォスのマルウェアデータベースをリアルタイムに参照することで、新しい脅威にすばやく対応できます。新種マルウェアとして検出された場合、ソフォスから脅威定義ファイルのアップデート版を数秒内に受信できます。

Sophos Live Protection では、次のオプションを設定できます。