脅威がクリーンアップされない

Sophos Anti-Virus で、コンピュータ上の脅威をクリーンアップできない場合、次の原因が考えられます。

自動クリーンアップが無効になっている

Sophos Anti-Virus でクリーンアップが実行されない場合、自動クリーンアップが有効になっているかどうかを確認してください。自動クリーンアップの有効化について、詳細は次のトピックを参照してください。

アドウェアや不要と思われるアプリケーションの自動クリーンアップは、オンアクセス検索で行うことはできません。

クリーンアップに失敗した

Sophos Anti-Virus で脅威をクリーンアップできない場合 (「クリーンアップに失敗しました」)、クリーンアップできない種類の脅威である可能性や、ユーザーが十分なアクセス権を持っていない可能性があります。

コンピュータのフル検索が必要である

Sophos Anti-Virus でクリーンアップを実行する前に、コンピュータをフル検索し、複合脅威のコンポーネントを検出したり、隠されているファイル内の脅威を検出したりしなければならないことがあります。

  1. コンピュータ上のブートセクタを含むすべてのディスクドライブを検索するには、ローカルディスクの検索を実行してください。詳細は、コンピュータのフル検索を実行するを参照してください。
  2. それでもすべての脅威が検出されない場合、使用者が十分なアクセス権を持たない、あるいは脅威のコンポーネントを含むコンピュータ上のディスクドライブまたはフォルダが検索から除外されていることが原因と考えられます。詳細は、オンアクセス検索の対象から項目を除外するを参照してください。検索から除外するアイテムのリストを確認してください。リストにアイテムがある場合はリストから削除し、再度コンピュータの検索を実行してください。

リムーバブルメディアが書込み禁止に設定されている

フロッピーディスクや CD などのリムーバブルメディアを扱っている場合、書き込み禁止設定を解除してください。

NTFS ボリュームが書込み禁止に設定されている

NTFS ボリューム (Windows XP 以降) 上のファイルを扱っている場合、書き込み禁止設定を解除してください。

ウイルス/スパイウェアのフラグメントが報告される

Sophos Anti-Virus は、完全に一致するウイルス/スパイウェアのみクリーンアップするので、ウイルス/スパイウェア フラグメントのクリーンアップは実行しません。詳細は、ウイルス/スパイウェアのフラグメントが報告されるを参照してください。