セカンダリロケーション用の設定を作成する

ファイアウォールは、接続先がプライマリロケーションでないことを検出すると、セカンダリロケーション用の設定内容を使用します。
  1. ホーム」ページの「ファイアウォール」で、「ファイアウォールの環境設定」をクリックします。
    ホーム」ページの詳細は、ホームページについてを参照してください。
  2. セカンダリロケーションを設定する」チェックボックスを選択します。

次に、セカンダリロケーション用の設定を行ってください。操作方法は、 「ファイアウォールを設定する」のセクションのファイアウォールの環境設定について、および他のトピックを参照してください。

注意:
社外で使用するモバイル PC の場合、不明なローカルネットワークに接続することがあります。この場合、セカンダリロケーションに対するファイアウォール ルールで、アドレスとしてローカルネットワークを使用するものがあると、不明なトラフィックが許可されてしまう恐れがあります。このため、セカンダリロケーションの設定でローカル ネットワーク ルールを使用する場合は、十分な注意が必要です。