アドウェアや不要と思われるアプリケーションを認証する

重要: Sophos Endpoint Security and Control が管理コンソールで管理されている場合、ここで変更する設定内容は管理コンソールによって上書きされることがあります。

アドウェアや Sophos Anti-Virus で業務上不要と思われると判断されたアプリケーションを実行するには、そのアプリケーションを認証します。

アドウェアや不要と思われるアプリケーションを認証する方法は次のとおりです。

  1. ホーム > ウイルス対策および HIPS > ウイルス対策および HIPS の環境設定 > 環境設定 > 認証」をクリックします。
  2. アドウェアや不要と思われるアプリケーション」タブで、「既知アドウェアや不要と思われるアプリケーション」リストから、アドウェアや不要と思われるアプリケーションを選択します。
  3. 追加」をクリックします。
追加したアドウェアや不要と思われるアプリケーションは、「認証済みアドウェアや不要と思われるアプリケーション」リストに表示されます。
注: アドウェアや不要と思われるアプリケーションは、「隔離マネージャ」を使って認証することもできます。操作方法の詳細は、隔離エリアにあるアドウェアや不要と思われるアプリケーションに対処するを参照してください。