ウイルス対策に関するメール警告を環境設定する

重要: Sophos Endpoint Security and Control が管理コンソールで管理されている場合、ここで変更する設定内容は管理コンソールによって上書きされることがあります。

脅威発見時やエラー発生時に Sophos Anti-Virus がメール警告を送信できるようにするには、次の操作を行ってください。オンアクセス検索、オンデマンド検索、および右クリック検索が対象です。

  1. ホーム > ウイルス対策および HIPS > ウイルス対策および HIPS の環境設定 > 警告 > メッセージング」をクリックします。
  2. メッセージング」ダイアログボックスで、「メール警告」タブをクリックします。次の説明に従ってオプションを設定します。

    メール警告を有効にする

    Sophos Anti-Virus がメール警告を送信します。

    メッセージ送信レベル

    どのようなイベントが発生した際に Sophos Anti-Virus がメール警告を送信するかを指定します。「検索エラー」には、Sophos Anti-Virus が検索しようとしたアイテムへのアクセスが拒否された場合も含まれます。

    Web コンテンツ検索ではコンピュータにダウンロードされていない脅威を検出するため、Sophos Anti-Virus からメール警告は送信されません。この場合、脅威が検出された後に、対処する必要はありません。

    受信者のメールアドレス

    追加」または「削除」ボタンをクリックして、メール警告の受信者アドレスを追加・削除してください。追加したメールアドレスを変更するには、「編集」をクリックします。

    SMTP の設定

    SMTP サーバーの設定内容やメール警告で使用する言語を変更します。(以下の表を参照してください。)

SMTP を設定する
SMTP サーバー テキストボックスに、SMTP サーバーのホスト名や IP アドレスを入力します。SMTP サーバーに接続できるかをテストする場合は、「テスト」をクリックします。(テストメールは送信されません。)
SMTP 送信者アドレス テキストボックスに、バウンスメールや配信不能レポート (NDR) の送信先アドレスを入力します。
SMTP 返信先アドレス メール警告は無人の送信専用メールボックスから送信されるので、このメール警告に対する返信先アドレスをこのテキストボックスに入力できます。
言語 ドロップダウン矢印をクリックして、メール警告で使用する言語を選択します。