Sophos Live Protection を有効/無効に切り替える

重要: Sophos Endpoint Security and Control が管理コンソールで管理されている場合、ここで変更する設定内容は管理コンソールによって上書きされることがあります。

SophosAdministrator グループのメンバーは、Sophos Live Protection のオプションを有効/無効に切り替えることができます。

  1. ホーム > ウイルス対策および HIPS > ウイルス対策および HIPS の環境設定 > 環境設定 > Sophos Live Protection」をクリックします。
  2. Sophos Live Protection」ダイアログボックスで次の操作を行います。
    • ソフォスへのファイルデータの送信を有効/無効に切り替えるには、「Sophos Live Protection を有効にする」チェックボックスを選択/選択解除します。
    • ソフォスへのファイルのサンプルの送信を有効/無効に切り替えるには、「サンプルファイルをソフォスに自動送信する」チェックボックスを選択/選択解除します。

      このオプションは、「Sophos Live Protection を有効にする」を選択済みの場合のみ使用できます。

Sophos Live Protection を実行するためにファイルのサンプルを送信すると、ファイルデータも同時に送信されます。