ローカルマシンで行った変更のレポートを有効/無効にする

注: Windows 8 以降の環境でこのオプションを使用することはできません。

ファイアウォールの環境設定がポリシーと異なる場合は、ローカルマシンで行った変更のレポートを無効にすることができます。

ローカルマシンで行った変更のレポートを無効にすると、グローバル ルール、アプリケーション、プロセス、またはチェックサムがローカルマシンで変更された際、管理コンソールに「ポリシーと異なる」という警告が送信されなくなります。ここで設定される内容は、対話型ダイアログボックスを使って変更可能なので、対話型モードで操作を行う場合など、この設定を行うと便利です。

設定中のコンピュータで、ファイアウォールの環境設定をポリシーに準拠させる必要がある場合は、ローカルマシンで行った変更のレポートを有効にしてください

ローカルマシンで行った変更のレポートを無効にする方法は次のとおりです。

  1. ホーム」ページの「ファイアウォール」で、「ファイアウォールの環境設定」をクリックします。
    ホーム」ページの詳細は、ホームページについてを参照してください。
  2. 環境設定」パネルで、設定するロケーション用の「環境設定」をクリックします。
  3. 全般」タブの「レポート」パネルで、「グローバル ルール、アプリケーション、プロセス、またはチェックサムがローカルマシンで変更された場合、管理コンソールに警告を表示する」チェックボックスを選択から外して、ローカルマシンで行った変更のレポートを無効にします。
    ローカルマシンで行った変更のレポートを有効にするには、チェクボックスを選択します。