Sophos Web Protection を設定する

重要: Sophos Endpoint Security and Control が管理コンソールで管理されている場合、ここで変更する設定内容は管理コンソールによって上書きされることがあります。

Sophos Web Protection の設定を変更する方法は次のとおりです。

  1. ホーム > ウイルス対策および HIPS > ウイルス対策および HIPS の環境設定 > 環境設定 > Web Protection」をクリックします。
  2. 悪意のある Web サイトへのアクセスをブロックまたはブロック解除するには、「悪意のある Web サイトへのアクセスのブロック」の横で「有効」または「無効」を選択します。このオプションはデフォルトで有効になっています。
    悪意のある Web サイトとして分類されるサイトを認証する方法は、Web サイトを認証するを参照してください。
  3. ダウンロードしたデータやファイルのスキャンを有効または無効にするには、「コンテンツスキャン」の横で「オンアクセス検索の設定と同じ」、「有効」または「無効」を選択します。
    デフォルトでは、「オンアクセス検索の設定と同じ」が指定されており、オンアクセス検索の有効/無効設定が、コンテンツスキャンにも適用されます。
  4. レピュテーションの低いまたは不明なファイルがダウンロードされた場合のアクションを変更するには、「ダウンロードのレピュテーション」パネルの「アクション」の横で「ユーザーへの通知」(デフォルト) または「ログのみ」を選択してください。
    • ユーザーへの通知」を選択すると、レピュテーションの低いファイルがダウンロードされるたびに、それを通知する警告が表示され、ダウンロードファイルのブロックまたは許可を選択する必要があります。そのようなファイルはダウンロードしないことを推奨します。ファイルの提供元や発行元を信頼する場合は、ファイルのダウンロードを選択してください。ファイルのブロックまたはダウンロードのどちらを選択したか、およびファイルの URL は検索ログに記録されます。
    • ログのみ」を選択すると、警告は表示されません。また、ダウンロードが許可され、検索ログに記録されます。
  5. レピュテーションスキャンのレベルは、「しきい値」の横で「推奨」(デフォルト) または「厳重」を選択できます。
    • 推奨」を選択すると、レピュテーションの低いまたは不明なファイルがダウンロードされるたびに警告が表示され、また、ログが作成されます。
    • 厳重」を選択すると、レピュテーションの低い、中レベル、または不明なファイルがダウンロードされるたびに警告が表示され、また、ログが作成されます。

ダウンロードのレピュテーションについて詳細は、サポートデータベースの文章 121319 を参照してください。

検索ログの表示に関する詳細は、検索ログを表示するを参照してください。