別のアップデート元を設定する

別のアップデート元を指定すると、通常のアップデート元から Sophos AutoUpdate をアップデートできない場合、別のアップデート元からアップデートが実行されます。

  1. 環境設定」メニューで、「アップデート」をクリックします。
  2. セカンダリロケーション」タブをクリックします。
  3. アドレス」リストに、アップデートサーバーの UNC パス、または Web アドレスを入力します。

    インターネット経由でソフォスから直接アップデート版をダウンロードするには、「アドレス」リストから「Sophos」を選択します。

  4. ユーザー名」ボックスに、アップデートサーバーへの接続に使用するアカウントのユーザー名を入力します。
    「ユーザー名」とドメイン名をあわせて指定する必要がある場合は、ドメイン名\ユーザー名 という形式で入力してください。
  5. パスワード」ボックスに、アップデートサーバーへの接続に使用するアカウントのパスワードを入力します。