アプリケーションが隠しプロセスを起動することを許可する

注: Windows 8 以降の環境では、Sophos Anti-Virus の HIPS テクノロジーによって自動処理されるため、このオプションを使用することはできません。

アプリケーションは、ネットワークにアクセスするため、別の隠しプロセスを起動することがあります。

悪意のあるアプリケーションは、この手法を利用してファイアウォールを迂回することがあります。つまり、自身ではなく信頼できるアプリケーションを起動してネットワークに接続します。

ファイアウォールは、隠しプロセスを新規検出すると、管理コンソールに警告を送信します (使用している場合)。

アプリケーションが隠しプロセスを起動することを許可する方法は次のとおりです。

  1. ホーム」ページの「ファイアウォール」で、「ファイアウォールの環境設定」をクリックします。
    ホーム」ページの詳細は、ホームページについてを参照してください。
  2. 環境設定」パネルで、設定するロケーション用の「環境設定」をクリックします。
  3. プロセス」タブをクリックします。
  4. ダイアログボックスの上部で、「追加」ボタンをクリックします。
  5. アプリケーションを探し、それをダブルクリックします。
対話型モードでファイアウォールを使用している場合、新規ランチャが検出された際に、対話型ダイアログを表示することができます。