ADDLOCAL オプションで指定する機能名のパラメータ

エンドポイントにインストールする機能は、あらかじめ決めておく必要があります。インストールする機能の名前をコマンドラインオプション ADDLOCAL のパラメータとして指定します。コマンドプロンプトで、ADDLOCAL の後にインストールする機能を列挙します。

エンドポイントにインストール可能な機能については次の表を参照してください。詳細は次のサイトを参照してください。パッケージと機能のインストール

親機能 機能
Client

CredentialProvider (資格情報プロバイダ)

必須です。この機能を選択すると、資格情報プロバイダによるログオンが有効になります。

Client, BaseEncryption SectorBasedEncryption (SafeGuard のボリュームベース暗号化)
  BitLockerSupport (BitLocker 対応)

Windows 7 のみ: SectorBasedEncryption (セクタ ベースの暗号化)

Client,BaseEncryption BitLockerSupport (BitLocker)
Client,BaseEncryption, BitLockerSupport BitLockerSupportCR (BitLocker C/R)
Client, NextGenDataProtection NextGenDataProtection (Synchronized Encryption)
Client, LocationBasedEncryption

SecureDataExchange (Data Exchange)

Client, LocationBasedEncryption FileShare (File Encryption)
Client, LocationBasedEncryption CloudStorage (Cloud Storage)