Cloud Storage

SafeGuard Enterprise のモジュール「Cloud Storage」は、クラウド上のデータをファイルベースで暗号化する機能です。

機能導入後も、通常と同じ方法でクラウド上のデータを利用できます。クラウドとのデータ送受信に、ユーザーがベンダ特有の同期アプリケーションを使用することには変わりはありません。Cloud Storage モジュールによって、クラウドに保存されているデータのローカルコピーは透過的に暗号化されます。これによって、常に暗号化された形でクラウドに保存されることになります。

SafeGuard Management Center で Cloud Storage の定義 (CSD)を作成した後、それを「デバイス保護」ポリシーの対象として使用します。事前に定義された Cloud Storage の定義を、Dropbox や Egnyte などの複数のクラウド ストレージ プロバイダに対して使用できます。

エンドポイントに Cloud Storage ポリシーが適用されると、そのポリシーの対象の場所にあるファイルは、ユーザー介入なしで透過的に暗号化されます。 エンドポイントにある Cloud Storage によって暗号化されたファイルに、SafeGuard Enterprise Cloud Storage なしでアクセスするには、SafeGuard Portable を使用してファイルを読み取ることができます。
注: Cloud Storage はクラウドに新しく保存されるデータのみを暗号化します。Cloud Storage をインストールする前にすでにクラウドに保存されていたデータは、自動的には暗号化されません。このようなデータを暗号化するには、いったんクラウドからデータを削除してから、保存し直すようにしてください。