SafeGuard Data Exchange

SafeGuard Data Exchange は、コンピュータに接続されたリムーバブル メディアに保存されているデータを暗号化し、これらのデータを他のユーザーと交換するために使用されます。暗号化と復号化の処理はすべて透過的に実行され、ユーザー介入は最小限で済みます。

対応する鍵を持っているユーザーだけが、暗号化されたデータの内容を読み取ることができます。その後の暗号化処理はすべて透過的に実行されます。

一元管理では、リムーバブル メディア上のデータの処理方法を定義します。

セキュリティ担当者は、「デバイス保護対象」が「リムーバブル メディア」の「デバイス保護」タイプのポリシーで設定を定義します。

SafeGuard Data Exchange では、「メディアの暗号化モード」として、「ファイル ベース」を使用する必要があります。