SafeGuard Data Exchange 設定で無視するデバイスや取り付けたデバイスの表示

無視するデバイスを指定する際、暗号化の対象デバイス (取り付けたデバイス) や現在無視する設定になっているデバイスを、レジストリキーを使って表示することができます。無視するデバイスの一覧では、コンピュータで実際に使用可能なデバイスで、無視する設定になっているもののみが表示されます。ポリシーで無視する設定になっていても、そのデバイスがコンピュータで使用可能でない場合、それは一覧には表示されません。

取り付けたデバイスまたは無視するデバイスを表示するには、次のレジストリキーを参照してください。