データベースの認証

SafeGuard Enterprise データベースに接続するためには、SafeGuard Management Center の最初のセキュリティ担当者をユーザー認証する必要があります。これは、次の方法で実行できます。

SQL 管理者から、どの認証方法がユーザー (セキュリティ担当者) にとって適切であるかを調査してください。この情報は、データベースを生成する前、および SafeGuard Management Center 構成ウィザードを使った初期構成前に必要です。

ドメインの一部ではないコンピュータには SQL 認証を使用し、それ以外の場合は Windows 認証を使用してください。SQL 認証を使用する場合は、データベースとの間の接続を SSL で保護することを強く推奨します。詳細は、SSL の設定を参照してください。