マスター データベースの生成

まず SafeGuard Enterprise のマスター データベースを設定します。この例では「Vienna」というデータベースです。

マスター データベースを生成する手順は、レプリケーションなしで SafeGuard Enterprise をインストールする際の手順と同じです。