マージ レプリケーション

マージ レプリケーションとはパブリッシャからサブスクライバへのデータ配布処理のことです。パブリッシャとサブスクライバ各々で更新を行い、サイト間の更新をマージします。

マージ レプリケーションでは、さまざまなサイトが自律的に動作し、後で更新内容が 1つの均一な結果にマージされます。初期スナップショットがサブスクライバに適用されてから、Microsoft SQL Server がパブリッシャとサブスクライバで公開されたデータの変更内容を追跡します。スケジュール設定した時刻または要求時にサーバー間で連続的にデータが同期されます。更新は複数のサーバーで行われるため、同じデータがパブリッシャまたは複数のサブスクライバによって更新される場合があります。このため、更新内容をマージするときに、競合が発生する可能性があります。

マージ レプリケーションには、マージ パブリケーションの設定時にデフォルトとカスタムの競合解決方法を定義できます。競合が発生すると、マージ エージェントによって競合回避モジュール起動され、どのデータを受け入れて他のサイトに伝達するのかを決定します。