File Encryption での永続暗号化の設定

ユーザーが適切な鍵を持っている場合、File Encryption で暗号化されたファイルのコンテンツは、リアルタイムで復号化されます。暗号化ルールが適用されていない場所にコンテンツが新規ファイルとして保存された場合、そのファイルは暗号化されません。

永続暗号化の場合、暗号化ルールが適用されていない場所が保存先であっても、暗号化ファイルのコピーは暗号化されます。

永続暗号化は、「全般設定」タイプのポリシーで設定できます。デフォルトで、「永続暗号化を有効にする」オプションは有効化されています。

注: ファイルのコピー先や移動先が、無視するデバイスの場合、または動作モード「無視」でポリシーが適用されているフォルダの場合、「永続暗号化を有効にする」設定は効果を示しません。