仮想クライアント

注: 仮想クライアントは、SafeGuard フルディスク暗号化と SafeGuard Power-on Authentication (POA) のみで使用できます。

仮想クライアントは、特定の暗号化された鍵ファイルで、必要なユーザー情報を使用できず、通常はチャレンジ/レスポンスを使用できない場合に (例: SafeGuard POA が破損したとき)、チャレンジ/レスポンスでの復旧に使用することができます。

このような複雑な復旧操作でチャレンジ/レスポンスを有効にするには、仮想クライアントと呼ばれるファイルを作成します。そして、チャレンジ/レスポンス セッションを開始する前に、このファイルをユーザーに配布する必要があります。仮想クライアントを使用すると、エンドポイント コンピュータ上の鍵修復ツールを使ってチャレンジ/レスポンスを開始することができます。ユーザーは、必要な鍵の情報をヘルプデスク担当者に渡してレスポンス コードを入力するだけで、暗号化されたボリュームに再びアクセスできるようになります。

1つの鍵、または複数の鍵を含む暗号鍵ファイルを使用することで、復旧が可能です。

SafeGuard Management Center の「鍵と証明書」ペインで、以下を行うことができます。