無効なライセンス: エラー

ライセンスの数またはライセンスで設定されている有効期間の許容値を超えると、SafeGuard Management Center はエラー メッセージを表示します。

SafeGuard Management Center では、エンドポイント コンピュータへのポリシーの配布は無効になっています。

エラー メッセージは「ユーザーとコンピュータ」ペインの「ライセンス」タブに表示されます。

ライセンス ファイルについて表示される詳細情報を参照して、使用可能なライセンスの数が超過したモジュールを確認できます。

機能の制限を解除する方法は次のとおりです。
  • ライセンスを再配布する

    ライセンスを使用できるようにするには、使用していないエンドポイントでソフトウェアをアンインストールして、SafeGuard Enterprise データベースから削除します。

  • ライセンスをアップグレード/更新する

    ライセンスをアップグレードまたは更新するには、セールス パートナーにお問い合わせください。SafeGuard Enterprise データベースにインポートする新しいライセンス ファイルを入手できます。

  • 新しいライセンス ファイルをインポートする

    ライセンスを更新またはアップグレードした場合は、ライセンス ファイルを SafeGuard Enterprise データベースにインポートする必要があります。無効なライセンス ファイルが、新しくインポートしたファイルに置き換わります。

ライセンスを再配布すると、または有効なライセンス ファイルをインポートすると、機能の制限が直ちに解除され、システムは正常な動作を再開します。