SafeGuard Management Center へのログオン

SafeGuard Enterprise の初期構成時に、マスター セキュリティ担当者のアカウントが作成されます。このアカウントは、SafeGuard Management Center への初回のログオン時に必要です。SafeGuard Management Center を開始するには、ユーザーは、証明書ストアのパスワードを知っていることと、証明書の秘密鍵を保持している必要があります。

詳細は、MSO (マスター セキュリティ担当者) の作成を参照してください。

ログオン操作は、SafeGuard Management Center を 1つのデータベースに接続する (Single Tenancy モード)、または複数のデータベースに接続する (Multi Tenancy モード) のどちらで実行するかによって異なります。

注: 2人のセキュリティ担当者が同じコンピュータで同じ Windows アカウントを使用しないようにしてください。アクセス権限を正しく分担することができなくなります。