Multi Tenancy の構成

異なる SafeGuard Enterprise データベースを設定し、SafeGuard Management Center の 1 つのインスタンスとして維持することができます。これは、異なるドメイン、組織単位、または企業の場所などで異なるデータベース設定を使用する場合に特に便利です。

各データベース (テナント) ごとに、異なる SafeGuard Enterprise Server インスタンスを設定する必要があります。データベースのバージョンはすべて同じである必要があります。たとえば、SGN 7 データベースと SGN 8 データベースを、1つの SGN 8 Management Center で管理することはできません。

設定を簡素化するため、以前に作成した設定をファイルからインポートしたり、新規に作成した設定をエクスポートして後で再利用したりできます。

Multi Tenancy 対応の SafeGuard Management Center を設定するには、まず初期設定を行い、次に Multi Tenancy 対応の特定の追加設定手順を実行します。

注: Multi Tenancy 機能は、インストールするときに「完全」という種類のインストールを選択するとインストールされます。