SafeGuard POA ログオン用の POA ユーザー

注: POA ユーザーは、SafeGuard Power-on Authentication 機能のある SafeGuard Enterprise で保護されている Windows エンドポイントのみで使用できます。
SafeGuard Enterprise がインストールされて SafeGuard Power-on Authentication (POA) が有効になった後に、管理タスクを実行するエンドポイントへのアクセスが必要になることがあります。ユーザー (IT チームのメンバーなど) は POA ユーザーとして、管理タスク用のエンドポイント上で SafeGuard Power-on Authentication にログオンできます。チャレンジ/レスポンスを開始する必要はありません。Windows への自動ログオンは実行されません。POA ユーザー アカウントでログオンするユーザーは、既存の Windows アカウントで Windows にログオンします。

POA ユーザーを作成し、それらのユーザーを POA グループに登録してから、グループをエンドポイントに割り当てることができます。割り当てた POA グループに含まれているユーザーは、SafeGuard POA に追加され、定義済みのユーザー名とパスワードを使用してログオンできるようになります。

注: POA ユーザーと POA グループを管理するには、「ユーザーとコンピュータ」の配下にある「POA」ノードに対して、「フルアクセス権」が必要です。