SafeGuard Data Exchange 用のパスフレーズ

ユーザーはパスフレーズを入力する必要があります。パスフレーズは、SafeGuard Data Exchange と安全にデータを交換するためのローカル鍵の生成に使用されます。エンドポイントで生成された鍵は、SafeGuard Enterprise のデータベースにも格納されます。「パスフレーズ」タイプのポリシーで、該当する要件を定義します。

SafeGuard Data Exchange の詳細は、SafeGuard Data Exchangeを参照してください。

エンドポイントの SafeGuard Data Exchange と SafeGuard Portable の詳細は、「SafeGuard Enterprise ユーザーヘルプ」の「SafeGuard Data Exchange」の章を参照してください。

ポリシー設定 説明
パスフレーズ  
パスフレーズの最小の長さ 鍵の生成元になるパスフレーズの最小文字数を定義します。必要な値を直接入力するか、矢印ボタンを使用して数字を増減します。
パスフレーズの最大の長さ パスフレーズの最大文字数を定義します。必要な値を直接入力するか、矢印ボタンを使用して数字を増減します。
文字の最小数

数字の最小数

特殊文字の最小数

この設定は、パスフレーズが文字のみ、数字のみ、または記号のみで構成されることは許可されず、少なくとも 2つの組み合わせで構成される必要があることを指定します (15flower など)。ここでの設定は、最小パスフレーズ長を 2 より大きく定義した場合のみに有効です。
キーボード行を禁止する 「123」または「qwe」などキーボード上で行として行として連続するキーを指します。キーボード上に左右にある最大 2文字を入力できます。連続するキー シーケンスは、キーボードの英数字部分のみを指します。
キーボード列を禁止する 「xsw2」または「3edc」など、キーボード上で列として連続するキーを指します (「xdr5」や「cft6」は違います)。単一のキーボード列内の上下にある最大 2文字を入力できます。キーボード列を禁止すると、こうした組み合わせはパスフレーズに対して拒否されます。連続するキー シーケンスは、キーボードの英数字部分のみを指します。
3文字以上の連続する文字を禁止する このオプションを有効にすると、次のキー シーケンスが禁止されます。
  • 昇順または降順の連続した 3つ以上の ASCII 文字 (「abc」または「cba」など)

  • 3つ以上の同じ ASCII 文字 (「aaa」や「111」)

パスフレーズと同じユーザー名を禁止する ユーザー名とパスフレーズを同じにできるかどうかを指定します。

はい: Windows ユーザー名とパスフレーズを違うものにする必要があります。

いいえ: ユーザーは、パスフレーズとして Windows ユーザー名を使用することができます。

大文字と小文字を区別する この設定は「パスフレーズと同じユーザー名を禁止する」が有効な場合に有効です。

例: ユーザー名として「EMaier」を入力しました。「大文字と小文字を区別する」オプションを「はい」に設定し、「パスフレーズと同じユーザー名を禁止する」を「いいえ」に設定すると、ユーザー EMaier は大文字/小文字を変更したユーザー名 (emaier や eMaiER など) をパスフレーズとして使用できません。