SafeGuard Enterprise ポリシーキャッシュの復元

この手順は、SafeGuard ポリシー キャッシュが破損した場合に必要です。ローカル キャッシュには、すべての鍵、ポリシー、ユーザー証明書、および監査ファイルが格納されます。デフォルトでは、ローカル キャッシュが破損するとログオン復旧は無効に設定されます。ローカル キャッシュはバックアップから自動的に復元されます。この場合、ローカル キャッシュの修復に、チャレンジ/レスポンスは必要ありません。ただし、ローカル キャッシュをチャレンジ/レスポンスを使用して修復する場合は、ポリシーに基づいてログオン復旧をアクティブ化できます。このとき、ローカル キャッシュが破損している場合、ユーザーはチャレンジ/レスポンスを開始することを自動的に求められます。