SafeGuard POA レベルでのパスワードの復旧

最も一般的な状況の 1つは、ユーザーがパスワードを忘れてしまった場合です。SafeGuard Enterprise をインストールすると、デフォルトでは SafeGuard Power-on Authentication (POA) が有効になります。コンピュータにアクセスするための SafeGuard POA パスワードは、Windows パスワードと同じです。

ユーザーが SafeGuard POA レベルのパスワードを忘れてしまった場合、SafeGuard Enterprise ヘルプデスク担当者は「ユーザーログオンありの SGN Client の起動」用のレスポンスを生成します。このとき、ユーザーのパスワードは表示されません。ただし、この場合、レスポンス コードを入力した後、コンピュータが再起動し、OS が開始します。ユーザーは、Windows にログオンするときにパスワードを変更する必要があります (ドメインがアクセス可能の場合)。それ以降は、その新しいパスワードを使って Windows と SafeGuard Power-on Authentication にログオンできます。