ネットワーク内のエンドポイント監視の一元化

セキュリティ担当者は、定期的に重要なイベント (たとえば、不正なデータ アクセスや、一定の時間内に試みられて失敗したログオンの回数) についての情報を受け取ることができます。セキュリティ担当者は、ログ ポリシーを使用して、エンドポイントで発生したすべてのセキュリティ関連イベントをローカル ログ ファイルに記録するようログ プロセスを構成できます。このログ ファイルは、イベントの数が特定の値に達すると、SafeGuard Enterprise Server によって SafeGuard Enterprise データベースに転送されます。セキュリティ担当者は、SafeGuard Management Center の「イベント ビューア」を使用して、イベントを取得、表示、および分析できます。各エンドポイントで実行されたプロセスを、ユーザーの介入なしで、ログで一括して監査できます。