セキュアな Wake on LAN (WOL)

SafeGuard Management Center で、「セキュアな Wake on LAN (WOL)」用のポリシー設定を定義すると、エンドポイントにソフトウェアを集中インストールする際の事前準備ができます。ポリシーがエンドポイントに適用される場合、必要なパラメータ (SafeGuard POA の非アクティブ化や Wake on LAN の時間帯など) は、エンドポイントに直接転送され、パラメータはそこで分析されます。

SafeGuard POA が非アクティブ化されていてもエンドポイントに最大限の保護を保証するためのコマンドを使用して、スケジューリング スクリプトを設計できます。

注: たとえ限られた起動処理回数であっても、SafeGuard POA を非アクティブ化すると、システムのセキュリティ レベルが低下します。

セキュアな Wake on LAN (WOL)」の設定は「マシンの設定」という種類のポリシーで定義します。