前提条件

SSL で SafeGuard Enterprise Server と SafeGuard Enterprise で保護されているエンドポイント間の通信内容を保護するには、有効な証明書が必要です。使用できる証明書の種類は次のとおりです。

注: パブリック PKI で作成された証明書があっても、PKI を利用できない環境の場合、この証明書を使用して SSL による通信内容の暗号化を行うことはできません。この場合、PKI を設定するか、自己署名証明書を作成する必要があります。