エンドポイントへのポリシーの転送

サービス アカウントのリスト機能は、特に実装の展開段階で実施する初期インストールの際に非常に役立つ重要な機能です。そのため、インストールの直後にサービス アカウントの設定をエンドポイントに転送することを推奨します。この時点でサービス アカウントのリストをエンドポイントで使用できるようにするには、インストール後にエンドポイントを設定するための初期構成パッケージを作成するときに、「認証」タイプのポリシーを追加します。

サービス アカウントのリストの設定はいつでも変更でき、変更内容は通常の方法でサーバー経由でエンドポイントに転送されます。