バックエンドとの同期

同期が行われる際、クライアントの状態が SafeGuard Enterprise バックエンドに報告され、ポリシーがアップデートされ、User Machine Assignment がチェックされます。

次の情報がクライアントから送信され、SafeGuard Management Center に表示されます。

注: エンドポイントから SafeGuard Enterprise クライアントソフトウェアを削除しても、このエンドポイントとユーザーは、引き続き SafeGuard Management Center に表示されます。しかし、前回サーバーに接続した日時は更新されなくなります。

クライアント側で変更される内容は次のとおりです。