PIN の管理

セキュリティ担当者は、ユーザー PIN とセキュリティ担当者 PIN の両方を変更でき、ユーザー PIN の変更を強制することもできます。これは、通常、トークンが最初に発行されたときに必要になります。また、PIN を初期化する (新規に PIN を発行し、ブロックする) こともできます。
注: PIN を初期化、変更、およびブロックするには、対象ユーザーに対する「フルアクセス権」が必要です。

ポリシーを使用して、エンドポイントの他の PIN オプションを指定できます。

注: PIN を変更する場合、トークンのメーカーによっては独自の PIN ルールを指定していることがあり、それが SafeGuard Enterprise の PIN ルールと矛盾する可能性があることに注意してください。このため、SafeGuard Enterprise の PIN ルールに従っていても、希望する形で PIN を変更できないことがあります。必ずトークンのメーカーの PIN ルールを参照してください。ルールは、SafeGuard Management Center の「トークン情報」の「トークン」ペインに表示されます。

PIN は SafeGuard Management Center の「トークン」で管理します。トークンを挿入すると、左側のナビゲーション ウィンドウにマークされます。