言語設定

セットアップ ウィザードと各 SafeGuard Enterprise コンポーネントの言語設定は次のとおりです。

ウィザード

インストールおよび構成ウィザードは、お使いの OS で設定されている言語で表示されます。セットアップ ウィザードで OS の設定言語を使用できない場合は、自動的にデフォルトの英語が使用されます。

SafeGuard Management Center

SafeGuard Management Center の言語は、次のようにして設定します。

  • SafeGuard Management Center で、「ツール > オプション > 全般」をクリックします。「ユーザー定義の言語を使用する」を選択し、使用可能な言語を選択します。

  • SafeGuard Management Center を再起動します。選択した言語で表示されるようになります。

エンドポイントにおける SafeGuard Enterprise

エンドポイントで表示する SafeGuard Enterprise の言語を設定するには、SafeGuard Management Center の「全般設定」という種類のポリシーで、「カスタマイズ > クライアントで使用される言語」を指定します。

  • OS の言語が設定されている場合、エンドポイントの OS の言語設定が SafeGuard Enterprise で使用されます。SafeGuard Enterprise で OS の設定言語が使用できない場合、SafeGuard Enterprise の表示言語はデフォルトで英語になります。

  • 使用可能な言語が 1つ選択されると、エンドポイント上の SafeGuard Enterprise のオプション名がその言語で表示されます。