SafeGuard Enterprise の Outlook アドインを有効化するポリシーの作成

SafeGuard Enterprise Synchronized Encryption の Outlook アドインを有効化する手順は次のとおりです。
  1. ポリシー」ナビゲーション ペインで、「全般設定」タイプのポリシーを新しく作成するか、既存のポリシーを選択します。
    全般設定」タブが表示されます。
  2. メールアドインの設定」セクションを参照します。
  3. メールアドインの設定」ドロップダウンリストで、「はい」を選択します。
    これでアドインが有効になりました。ユーザーが添付ファイルのあるメールを送信するたびに、添付ファイルの処理について、ユーザーの操作が必要になります。

    さらに、ドメインを指定し、そのドメインに添付ファイルが送信された場合の対処方法を指定することもできます。

  4. 添付ファイルの処理方法を、「ホワイトリストに登録済みのドメインの暗号化方法」ドロップダウンリストから選択します。
    • 暗号化する: 指定されたドメインに送信するメールの添付ファイルは、すべて暗号化されます。ユーザーにメッセージは表示されません。
    • 暗号化しない: 指定されたドメインに送信するメールの添付ファイルは、暗号化されません。ユーザーにメッセージは表示されません。
    • 変更しない: 暗号化されたファイルは暗号化されたままで送信され、平文ファイルは平文のままで送信されます。ユーザーにメッセージは表示されません。
    • 常に確認する: ユーザーが、添付ファイルのあるメールを指定されたドメインに送信するたびに、添付ファイルの処理について確認メッセージが表示されます。
  5. 暗号化方法を指定するドメインを入力します (複数可)。ドメインを複数入力する場合は、コンマで区切って入力します。ワイルドカード文字を使用したり、ドメインの一部のみを入力することはできません。
  6. 全般設定」タブの設定を終えると、変更内容を保存するようメッセージが表示されます。
  7. はい」をクリックします。
  8. ユーザーとコンピュータ」で、新しいポリシーをユーザーグループに割り当てます。