破損した Management Center の修復

データベースが破損していない場合、破損した SafeGuard Management Center のインストールは簡単に修復できます。この場合、マスターセキュリティ担当者の証明書のバックアップと既存のデータベースを使用して、SafeGuard Management Center をインストールし直します。

  • 関連するデータベース設定の企業およびマスター セキュリティ担当者の証明書を .p12 ファイルにエクスポート済みである必要があります。データは、使用可能で有効である必要があります。

  • .p12 ファイルのパスワードと証明書ストアのパスワードが必要です。

破損した SafeGuard Management Center を修復する方法は次のとおりです。

  1. SafeGuard Management Center インストール パッケージを再インストールします。SafeGuard Management Center を開きます。構成ウィザードが自動的に起動します。
  2. データベース接続」で関連するデータベースサーバーを選択し、必要に応じてデータベースへの接続を設定します。「次へ」をクリックします。
  3. データベースの設定」で「使用可能なデータベースから選択」をクリックし、一覧から関連するデータベースを選択します。
  4. セキュリティ担当者のデータ」で次のいずれかを実行します。
    • 証明書ファイルのバックアップがコンピュータにある場合は、そのファイルが表示されます。SafeGuard Management Center で認証に使用するパスワードを入力します。

    • バックアップした証明書ファイルがコンピュータ上に見つからない場合は、「インポート」を選択します。バックアップした証明書ファイルを参照し、「開く」をクリックします。選択した証明書ファイルのパスワードを入力します。「はい」をクリックします。SafeGuard Management Center で認証に使用するパスワードを入力・確認入力します。

  5. 次へ」をクリックします。そして、「完了」をクリックし、 SafeGuard Management Center の設定を完了します。

破損した SafeGuard Management Center が修復されます。