クライアントに SSL 証明書があるかを確認する方法

証明書はユーザーでなく、コンピュータに割り当てる必要があります。証明書ファイルは、「信頼されたルート証明機関」配下の Microsoft 証明書ストアに存在する必要があります。

  1. エンドポイントに管理者権限でログオンします。
  2. ファイル名を指定して実行 > mmc」をクリックします。
  3. コンソール1」ウィンドウで「ファイル」メニューをクリックして、「スナップインの追加と削除」コマンドをクリックします。
  4. スナップインの追加と削除」ダイアログボックスで、左ペインにある「証明書」を選択して「追加」をクリックします。
  5. 「証明書スナップイン」ページで、「コンピュータ アカウント」を選択します。
  6. コンピュータの選択」ページで、「ローカル コンピュータ: (このコンソールを実行しているコンピュータ)」を選択し、「完了」をクリックします。
  7. スナップインの追加と削除」ダイアログボックスで、「OK」をクリックします。
  8. 左ペインで、「コンソール ルート > 証明書 (ローカル コンピュータ) > 信頼されたルート証明期間 > 証明書」を選択します。
  9. 右ペインで、作成した証明書が、ストアで使用可能かを確認します。証明書が一覧に表示されている場合は、使用可能であることを意味します。表示されていない場合は、次の手順を実行します。
  10. ファイル名を指定して実行 > gpupdate /force」をクリックします。
    Windows コマンドラインボックスが表示されます。
  11. ボックスが閉じたら、ステップ 1 から上記の手順を再実行します。