対象が Cloud Storage の定義のデバイス保護ポリシーの作成

Cloud Storage の定義が作成済みである必要があります。事前に定義された Cloud Storage の定義を、Dropbox や Egnyte などの複数のクラウド ストレージ サービスに対して使用できます。
Cloud Storage のデータの暗号化の設定は、「デバイス保護」タイプのポリシーで定義します。
  1. ポリシー」ナビゲーション ペインで、「デバイス保護」タイプの新しいポリシーを作成します。
  2. 対象として、Cloud Storage の定義を選択します。
  3. OK」をクリックします。ナビゲーション ウィンドウの「ポリシー項目」の下に、新しいポリシーが表示されます。処理エリアには、「デバイス保護」ポリシーの設定すべてが表示され、必要に応じて変更することもできます。
  4. メディアの暗号化モード」で、「ファイル ベース」を選択します。ボリューム ベースの暗号化には対応していません。
  5. 暗号化に使用されるアルゴリズム」で、CSD で定義された同期フォルダにあるデータの暗号化に使用するアルゴリズムを選択します。
  6. 暗号化に使用される鍵」および「暗号化の定義済みの鍵」の設定は、暗号化で使用する鍵 (複数可) を定義するために使用されます。詳細は、デバイス保護を参照してください。
  7. SG Portable を対象にコピーする」を有効化すると、各同期フォルダに書き込みが行われると、そこに SafeGuard Portable がコピーされます。SafeGuard Portable は、SafeGuard Enterprise がインストールされていない Windows コンピュータにある、暗号化されたファイルの読み取りに使用できるアプリケーションです。
    注: クラウドに保存されている暗号化データを SafeGuard Enterprise のないユーザーと共有する場合、ユーザーはローカル鍵を作成することができます。詳細は、ローカル鍵を参照してください。
  8. 非暗号化フォルダ」では、暗号化の対象から除外するフォルダを定義することができます。ここで指定した非暗号化フォルダのサブフォルダにあるデータも、暗号化から除外されます。SafeGuard Cloud Storage では、「Cloud Storage の定義」で定義されたすべての同期フォルダ内に、空の非暗号化フォルダが自動作成されます。